scratch_banner
お子様から大人まで、プログラミングを楽しみながら学べる「スクラッチ」(Scratch)講座です。

お子様に学ばせたい是非学ばせたい育成型プログラミング講座です。
プログラミングでのモノづくりを体験することで、子供には「しっかり考える」、「試行錯誤する」力が身に付きます。



2015年現在、IT先進国と呼ばれる国々は、子供のプログラミング学習に注力しています。
もちろん、日本も例外ではありません。
今後、2、3年のうちに小学校、中学校でのプログラミング学習の本格的な授業が開始される見込みです。(※1)

それを受けて、リクルート社の調査によると「習わせたい子どもの習い事ランキング(高学年)」にプログラミングが8位に入っています。
プログラミングが学習効果の高い習い事として、注目を高めています。(※2)

パソカレッジでは大人の方にもプログラミングを楽しんでもらいたいと考えています。
大人も一緒に楽しめて頭の体操になるからです。

「プログラミングを楽しむ」「ゲームを作る」と聞くと、お子さんのための学習のためと思いがちですが、プログラミングによるモノ作りは、頭の体操、脳のトレーニングにも最適です。

パソカレッジのScratch講座の特徴


本講座では、プログラミングを学ぶことを通して、自分で「考える力」「悩む力」、最終的に「問題を解決する力」を身に付けることが目的となっています。

限定的に開催されるワークショップやイベントなどと異なり、一回限りの体験ではなく、継続して自由な時間に、お子様とご家族の都合に合わせて通えるため、しっかりと着実にプログラミングへの理解を深め、考える力を養うことができます。

※1:政府成長戦略(素案)平成25年度版(PDF)による

※2:習い事ランキング/費用に関するアンケート結果 『ケイコとマナブ』2015年 子どもの習い事ランキング(株式会社リクルートライフスタイル)より 同Webサイトからダウンロードできる『本件の詳細に関するPDF』5ページより


5つのステップで、スクラッチを学ぼう!

scratch_image
この講座では、スクラッチの使い方を学習することからスタートして、当たり判定を使ったボール避けゲーム、変数を使った計算問題まで、プログラミングの基本を一通り学習します。

Step 1:基本を覚えながらネコを動かそう編
スクラッチのマスコットであるネコちゃんを動かします。スクラッチを使ったプログラミングの最初の1歩です!スクリプトを組んで実行することを学びましょう!

Step 2:ジャンプしてニャーン ネコをかっこよく動かそう編
ネコちゃんを座標を使って動かしましょう。座標と言っても難しいことはありません。また、プログラミングに必要な条件についても理解を深めます。

Step 3:カニとボールを動かそう!編
ネコの次はカニの登場です!さらに、2つ以上のスプライト(カニとボール)を動かすことに挑戦します。ここでは、「条件」を使って自動でオブジェクトを動かします。

Step 4:ボールをよけろ!チョキチョキ!ゲーム編
ボールを避けるカニゲームを制作します。スクラッチなら「当たり判定」のプログラムもつまづくことなく実現できます。また、ゲームの勝敗条件も変数を使うことで設定しましょう。

Step 5:変数を使いこなせ!ハラハラ計算ゲーム編
2つ以上の変数を使いこなして、ちょっぴり高度な計算問題ゲームを作りましょう。こちらもプログラミングにはおなみじの「乱数」を、ゲームを使いながらすんなり利用、理解できるようになります。

scratch_text

講座内容と料金


基本の操作から乱数を使ったゲームの作成まで、5冊のテキストを使って学びます。

テキスト5冊セット×8時間:10,000円(税込)

パソコンを触ったことがないお子様にはパソコン入門コースとして4時間4,800円をご用意しております。



お問い合わせ 0721-51-4619


お電話でのお問い合わせは8:00~21:00であれば休みなく受け付けております。

出られない場合はご容赦ください。折り返しさせていただく場合は携帯電話からとなります。